ナンバーワンという価値

なんでも「ナンバーワン」と聞くと、すごいなと感激することが多いものではないでしょうか。成績で1番になる、大会で優勝するなど、1番になった人は「1番すごい人」というイメージがつき、一目置かれる存在となるでしょう。ホストもお店のナンバーワンになることにとてもこだわりますが、これはお金の面はもちろんですが、ナンバーワンというブランド力に価値を見出すことが多いからではないでしょうか。表彰台というのは3位まであったりしますが、1位とそれ以下ではとても大きな違いが生じると考えられているようです。2位であっても、もちろんすごいことなのですが、その上には1位の人というのが必ずいるので、もっと上がいるのだという思いから、すごいという感激が残念ながら減ってしまうのではないでしょうか。よく、表彰者のインタビュー等で2位、3位になった選手が悔しいと言っている場面を目にするのではないでしょうか。一般的に、表彰されるということだけですごいことではあるのですが、1番を目指している人からしたら、それ以下はすべて同じに感じられるのかもしれません。2位や3位に何回もなるより、1位に1回なったほうが貴重に取り上げられることもしばしばです。どちらも偉業には違いないのですが、認識の差はとても大きいのではないでしょうか。ホストの仕事もナンバーワンになればお店で1番すごいホストであるという証明になりますし、自分の自信にもつながります。また、金銭面でも1位と2位では大きく異なってきたりと、やはり大きな差が出てくるようです。ホストがナンバーワンを目指す理由の一つとして、メンツというものがあげられるのは納得の理由だと考えられるでしょう。ホスト以外のビジネスマンにとっても、会社で1番の売り上げであったり、エリアで売り上げ1番の店舗になったりとやはり、1番というものは仕事において大きなメリットであると考えられているようです。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です