料金体系

興味があるけどなんとなく怖くて行けない、そんな風に思っている人が一番気になるのは、料金についてではないでしょうか。

ホストクラブといえば歌舞伎町、歌舞伎町といえば高額請求いわゆる「ぼったくり」、そんなイメージを持っている人もいることでしょう。

そこで、基本的なホストクラブの料金体系を見てみましょう。これを押さえておけば、意想外に高額を請求されてしまって困る、ということのリスクを下げることができます。

まず飲食店として、飲み物、食べ物の料金を払うことになります。

さらに、席につくことで場所代が発生します。これは「テーブルチャージ」と呼ばれます。氏名も飲食もしなかったとしても(基本的にはありえないことですが)、席について場所を占有すると請求されるものです。

ついで指名料、これは接待を担当してくれるホストを個人指名するための料金。初回は指名をせずに入ることが多いですが、そういった指名なしのば場合、これは発生しません。

これら指名行為や飲食物に対する会計の総額に、さらにTAXという名義で、そこで受けたサービス全体に対するサービス料と税金とを上乗せします。これは大体に

おいて、30%の上乗せ程度となるようです。

また、初回料金という割引サービスを取っているお店がほとんどです。

初回の来店では、お酒のボトル一本と割もの飲み放題で5〜9000円といったような明朗な割引システムが適用されるのです。間口を広げておいて、初回で楽しんでもらい、継続的に来てもらえるように努力するという、サービス業全般に当てはまる戦略であるといえます。

基本的に、上記した料金以外を請求されることはありません。

しかし、このような料金体系でなければならない、ということはないので、もし利用する際は、必ず、どのような料金体系でいくらかかるのか、聞いておきましょう。「これ以上に請求されることはないか」と念を押すことも、時として必要となるでしょう。